お知らせ

2021年03月10日
サイトをリニューアルオープンしました。
2020年10月25日
建設業許可を更新しました。
2019年12月29日
建設キャリアアップシステムに対応しました。

熱絶縁施工

結露したコップの画像

「保温保冷」

「保温」とは対象物を被覆し熱放散を少なくする事です。
「保冷」とは常温以下の対象物を被覆し侵入熱量を小さくすることで、熱の損失を防いだり、保冷材により結露も防ぎます。

保温板金済みの配管の画像

「熱絶縁施工」

「熱絶縁施工」とは熱絶縁工事ともいい、保温工事、保冷工事、保温保冷工事、断熱工事、消音工事、遮音工事、板金工事(ラッキング工事)等の工事を全てを含めた呼び方です。

ビル街の画像

「熱絶縁工事」

ビルや工場のタンクや配管、ダクト等の熱を外に逃がさない、または外部からの熱の侵入を防ぐために、結露を防止するために熱を伝えにくい材料である保温保冷材(断熱材)を取り付ける工事を「熱絶縁施工」または「保温保冷工事」、「断熱工事」等といいます。そして屋外等の場合はその表面に薄い金属を取付、屋内の露出配管等では樹脂材で保護する工事を「板金工事」または「ラッキング工事」といいます。板金工事という名称では外壁や屋根工事など全ての板金工事が含まれますが「ラッキング」とは熱絶縁施工のなかの板金工事だけをさし示します。

コンテナ船の画像

「地球温暖化対策」

住宅の断熱のほか、オフィスビルの冷暖房空調設備・給水管や給湯配管等の衛生設備、周辺のビルに冷暖房や給湯を供給する地域冷暖房(熱プラント)の配管、工場・発電所・船舶等における高温の蒸気配管設備やボイラー本体、低温の液体窒素や液化天然ガス、液化石油ガスの配管・タンク、半導体工場では、それぞれの条件に適した保温保冷材が取り付けられています。保温保冷材には、人造鉱物繊維保温材(ロックウール保温材,グラスウール保温材)、無機多孔質保温材(けい酸カルシウム保温材、はっ水性パーライト保温材)、発泡プラスチック保温材(ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォーム、フェノールフォーム、ポリエチレンフォーム)、発砲ゴム断熱材、金属保温材(原子力向で内部の金属箔により輻射熱を反射する金属のみの保温材)等があり、また形状も板状、フェルト状、成型品、綿状(バルク)、現場吹付けと様々です。結露を防止しカビや細菌の増殖を防いだり、対象物の寿命をのばします。また「保温・保冷」により熱の損失が最小限に抑えられるため、省エネルギー対策として極めて重要で、地球温暖化対策に不可欠な役割を担っています。

各種施工

機械室の画像

「保温工事・保冷工事・保温保冷工事」

熱の損失を低減させる工事です。希望の温度のまま、目的地まで運べる様にダクト・配管・装置等を断熱材で被覆します。
「結露を防ぐ」「放熱を防ぐ」「凍結を防ぐ」「保護する」「音を防ぐ」等の用途にも使用します。

消音工事済みホールの画像

「遮音工事・消音工事」

音を低減させる工事です。音を低減させたい場所にグラスウールや鉛等の遮音材で遮ります。
「内・外からの音を止めたい時」「反響音の防止」「排水音の音消し」等の用途にも使用します。

保温板金済みタンクの画像

「板金工事(ラッキング)」

配管・ダクト・装置・タンク等に断熱材を取付後、薄い金属や樹脂材等を取付て仕上げます。配管・ダクト・装置・タンク等や断熱材を保護し耐久性・対候性を向上させたり見た目を良くします。

会社情報

イメージ画像1

横浜インサレーション株式会社は、熱絶縁施工(熱絶縁工事)を専門とする専門工事会社です。

対応工事は、 保温工事・保冷工事・保温保冷工事・断熱工事・遮音工事・消音工事・保温板金工事・保温ラッキング工事等の熱絶縁施工(熱絶縁工事)です。

施工対応エリアは、横浜より神奈川・東京・千葉・埼玉・静岡・茨城・群馬・栃木・山梨等の関東近郊です。

熱絶縁工事(保温保冷工事・保温ラッキング工事)に関する事は是非当社にお申し付け下さい。

サービス

電話機の画像

「無料相談」

横浜インサレーション株式会社では保温・保冷・遮音・板金についてのご質問、ご相談を受付け致しております。 例えば「配管が凍結する」「結露する」「放熱して熱い」「保温・板金を新しくしたい」「熱のロスを少なくしてランニングコストを抑えたい」「板金が古くなり漏水する」「排水音が気になる」など、お気軽にお問合せ下さい。

打合せ中の画像

「現地調査・見積無料」

横浜インサレーション株式会社では、現地調査・お見積迄は無料でおこなっております。ビル・マンションのオーナー様・管理会社様・建築会社様・設備工事業者様など、是非お気軽にお問合せ下さい。

握手の画像

「ワンストップサービス」

横浜インサレーション株式会社では、現地調査・ご提案・お見積・各種書類作成・高品質直接施工を、適正価格にてワンストップでご提供致します。

ライセンス

建設業許可証の画像

「熱絶縁工事業」

建設工事の完成を請け負うことを営業するには、その工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。 ただし、「軽微な建設工事」のみを請け負って営業する場合には、必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこととされています。国や都道府県知事の許認可(建設業許可証)ではこの業種を「熱絶縁工事業」と呼びます。横浜インサレーション株式会社は、神奈川県知事より熱絶縁工事業の建設業許可をえています。

一級熱絶縁施工技能士資格証の画像

「一級熱絶縁施工技能士」

熱絶縁施工技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、熱絶縁施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 (一級、二級)「熱絶縁施工技能士」といいます。横浜インサレーション株式会社では一級熱絶縁施工技能士による施工が可能です。

イメージ画像2

アクセス

  • 住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋2丁目28番5号
  • 東急東横線 白楽駅 徒歩6分
企業情報バナー採用情報バナーお問い合せバナー