「職業訓練指導員(48時間講習終了証書)」

「48時間講習」この講習は、職業訓練指導員試験とは別に、職業能力開発促進法施行規則第48条の3の規定に基づいて、「特例」として実施している講習です。(受講資格などの条件はありますが)以下のように、「教科の指導方法」や「労働安全衛生」、「訓練生の心理」や「関係法規」など、全ての「職業訓練指導員の免許職種」に共通する内容を「講習科目」として、「1日8時間」×「通算6日間」の合計「48時間」の全日程を受講し、最終日に実施する「確認テスト」に合格した者には「修了証書」を発行しています。
 その修了証書と、職業訓練指導員の免許職種に対応している「技能検定」の1級や2級の合格証書などを添えて、各都道府県に「職業訓練指導員」の免許交付の申請に行き、各都道府県で審査が終了した後に、職業訓練指導員の免許を受けることができます。
2021年03月10日